準備中

CP-VC01

チェロ用ピックアップ

 

ヴァイオリンなどの擦弦楽器の音を収録するためには、録音スタジオでのコンデンサーマイクの使用が最も楽器の音を損なわず効果的です。

 

また、コンサートなどでの、バンドでの演奏時の音の増幅のためには、ヴァイオリンに関しては小型のコンデンサーマイクを楽器に装着してPAに送るのが、音質の点でも最適です。これは音の発生源として、ヴァイオリンの響板(表板)はそれほど大きくないことで可能になっています。

 

しかしながら、同じヴァイオリン族の弦楽器でもチェロのように胴(響板)が大きい楽器の場合、収録のためには録音スタジオでコンデンサーマイクを使用すれば良い音で録音できますが、コンサート会場やライブハウスでの増幅使用となると条件が変わってきます。例えばFホール近辺に取り付けた小型のコンデサーマイクでは、ハウリングを防ぎながらチェロの低音を十分に増幅することは難しく、さらに他楽器のかぶりを防ぎながら楽器の響きを拾うことは困難です。

 

商品化されている既存の駒に取り付けるタイプの、ピックアップでは、弦の振動を主に拾うために、弦楽器の豊かな胴鳴りを拾うことができません。

 

B&C acoustic CP-VC01は チェロの最も大きく最終的な音の発生源である表板の振動を直接拾って増幅することができます。表板の振動には、弦の振動を始め・駒の振動・魂柱を通した裏板などの振動が含まれています。その結果、アコースティックな音色を増幅することができます。

 

B&C acoustic CP-VC01は、チェロ用の小型コンデンサーマイクや既存のピックアップと違うコンセプトによって開発されました。B&C acoustic CP-VC01によってチェロの音を格段の使いやすさで、アンプによって増幅したり、PAに届けることが可能になります。